カート
ユーザー
商品を絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
SNSリンク

ここまでの道のり
ABOUT US

生産者の高橋夫妻

生産者プロフィール 高橋 正規たかはし まさのり ・ 美起みき

生産者プロフィール

高橋 正規たかはし まさのり ・ 美起みき

私たちは、2008年4月に東京から沖縄県宮古島に移住してきました。
自動車部品会社に勤めながら趣味で造っていたビールを、この地で生産したいという強い想いを叶えるべく、2010年8月に醸造免許を取得し、同年10月、宮古島初のブルワリー「宮古島マイクロブルワリー」が誕生しました。
夫婦二人で二人三脚をしながら、2020年10月にはおかげさまで創業10周年を迎えることができました。

ブルワリー誕生秘話

宮古島マイクロブルワリーができるまで
青い海と空とハイビスカス

夫婦ともども沖縄が好きで、よく旅行していました。特に宮古島が一番肌にあう感じで、「定年したらこんなところに住みたいね」と二人で話すようになりました。
その頃からビール造りを趣味でやっていたのですが、宮古島には地ビール屋がなかったので、それを活かせないかと考えていました。それで、おぼろげながらに「宮古島でビールが作れたらいいなぁ」と思うようになっていたんです。

運命の人との出会い
醸造設備

そんなときに、夢を後押ししてくれる運命の人と出会いました。大学助教授からビール工房を立ち上げたという方の新聞記事を見つけたのです。
埼玉県小川町で地ビール屋を営む馬場さんという方で、なぜか突然会って話を聞きたくなり、その日のうちに会いに行きました。
何度か通い、ビール造りの話をたくさん伺ったり、仕込みの勉強をさせていただき、ますます「やってみたい」という気持ちが強くなってきました。また、運良くビール醸造設備の情報をいただき、すぐに見に行き即時購入を決めました。
当時は、目の前に出てくることがすべて移住のチャンスに見えてました。

ブルワリー完成まで
宮古島初のクラフトビール

2008年4月、ついに念願の宮古島へ移住してきました。酒造免許の取得に取り掛かるにあたり、ほぼ門前払い状態でいくつかの試練がありました。
「とにかく自分はビール造りをやります!」という意気込みを見せるために、まだどうなるかわからないうちに設備を宮古に運ぶことにしたのです。大きな設備の保管に困っていましたが、多くの地元の方のご厚意のおかげで助けられました。
そして、無事にブルワリーが完成し、醸造免許取得後、宮古島初クラフトビールの生産を開始することができました。

ビール造り

こだわりのクラフトビールができるまで
麦芽
麦を少しだけ発芽させて乾燥したものです。こうすることで麦の中にでんぷんとそれを分解するための酵素が生まれます。この状態のものを入手してビールを造ります。
糖化
お湯の中に麦芽をいれてお粥のような状態にすると、酵素がでんぷんを分解して糖分に変えてくれます。糖化した状態を麦汁と呼んでいます。
煮沸
麦汁を沈殿濾過して取り出したものを煮沸します。この時にホップを投入し苦みや香り付けを行います。
冷却
煮沸後発酵温度(20℃)まで冷却します。このとき余分なタンパク質等が析出しますので改めて沈殿ろ過し、発酵タンクに移送します。
酵母投入・醗酵
発酵温度に達したら酵母を投入します。一次発酵に約1週間かかります。
熟成
一次発酵終了したら熟成タンクに移送します。熟成に2〜3週間かけます。この工程でドライホップを行います。ホップを出汁袋等に入れ、ビールに漬け込みます。
ビン詰、樽詰
熟成後、加圧タンクに移送します。ここで圧力を加え、ビンや樽に詰め替えます。
ブルワーを育てる水
宮古島のサンゴ礁

宮古島特有の隆起サンゴで濾過された地下水は、ミネラル豊富で口当たりまろやかな水。
「宮古島の水、エールビールと相性が良いはず!」ホップの香り芳醇な、苦くないビールを目指してやっとここまでの味にたどり着きました。
それでも、もっともっと美味しくしたい。宮古島の水「サンゴの水」はブルワーを育ててくれる水です。

活動状況・受賞歴

2013年
第4回 横浜ウチナー祭
2014年

第1回 沖縄ビアフェス
第5回 横浜ウチナー祭

2015年

第2回 沖縄ビアフェス
九州ももち祭り
ビアフェス東京&アジアビアカップ参戦
- アジアビアカップにてシークァーサーヴァイツェン受賞銅賞受賞

大阪ビアフェス
名古屋ビアサミット及び名古屋ビアフェス
横浜ビアフェス
沖縄オクトーバーフェスト北谷
沖縄ハイサイビアフェス

2016年

ビアフェス沖縄
北谷オクトーバーフェスト

2018年

北谷オクトーバーフェスト

2019年

宜野湾オクトーバーフェスト

2020年

ジャパン・グレートビア・アワーズ参戦
- コーラルエール/コーラルダーク/バーレイワイン受賞3商品銅賞受賞

さらに先へ

これからの宮古島マイクロブルワリー
ブルワリーの未来を見つめて

宮古島マイクロブルワリーも創業から10年という節目を迎え、多くの皆様に支えられながらここまでたどり着くことができました。心より感謝申し上げます。
宮古島で初めて誕生したこのクラフトビールたちを、一人でも多くの方に知っていただきたい。その想いだけで造り続けてまいりました。今は自由に行き来できないご時世ですが、このビールを通して宮古島へ行った気分をぜひ味わってください。
これから10年、20年先まで美味しいビールを皆様へご提供できるよう、宮古島マイクロブルワリーはこれからも歩み続けます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。